美容・健康

鼻の毛穴の黒ずみ汚れをきれいにする洗顔方法

洗顔

「肌をきれいに見せたい!」

女性なら誰もがそう思いますよね?

毛穴が開いたり、黒ずんで目立ってしまうと、肌が汚く見えて、げんなり…そんなことはありませんか?

身近な例を挙げると、私の母は長年、開き毛穴、黒ずみ毛穴に悩んでいて…。

ある時「蒸しタオル美容」をやったら、開いた毛穴がそのまま元に戻らなくなってしまったらしいんです!

アップでみると毛穴が開いた肌の状態って、きめが粗く見えるし、メイクの仕上がりもイマイチだし…毛穴を埋めようとしてメイクすると、今度はファンデーションの毛穴落ちが気になる…。

りか
りか
まぁ、そもそもファンデーション塗らなければ毛穴落ちも起こさないわけですが、開いてしまった毛穴はみっともないし、とりあえずメイクでカバーして埋めておくしか方法はありませんよね…(泣)

そうするとメイクの汚れが蓄積されて、更に毛穴が開き、黒ずんでいく悪循環!

母はまさにその状態でした…。

顔の中でも特に毛穴が目立ってしまい、汚く見えがちなのは、「鼻」の毛穴ではないでしょうか?!

今回は、鼻の毛穴の黒ずみに注目して記事を書いてみましたので、参考にしてみて下さいね♪(特にうちの母!笑)

鼻の毛穴に黒ずみが出来る原因

そもそもの話ですが…どうして鼻の毛穴が黒ずんでしまうのでしょうか。

まずはそのメカニズム、原因について調べてみました。

黒ずみが出来てしまうのにはいくつか原因があるようです!

毛穴に詰まった汚れが酸化

鼻の周りって油っぽくなりがちですよね。

もともと鼻の周りは皮脂が出やすい部分なんです。

分泌された皮脂が、古い角質などと混ざり合って毛穴を詰まらせ、「角栓」になっていきます。

りか
りか
これが俗に言う「詰まり毛穴」の状態です。

詰まった皮脂が空気に触れて酸化すると、黒く変色してしまい、鼻の毛穴に黒ずみが出来てしまうんです。

メラニンが生成され、色素沈着が起こってしまう

美白の大敵、メラニン。

日焼けすることで生成されてしまうことで知られていますよね。

このメラニンが鼻の毛穴に色素沈着し、黒っぽく見えることで黒ずみ毛穴となってしまう場合があります。

鼻の産毛を処理することで、結果としてメラニンが生成され、色素沈着が起こってしまうことも。

冒頭で書いたうちの母の場合は、開いた毛穴にメイク汚れが溜まってしまい、酸化し、黒ずんで悲惨なことになっていました…。

メイクの落とし残しや、ファンデーションなどに含まれる油分が、鼻から分泌される皮脂と混じり合い、酸化して黒ずんでしまうんですね。

ただでさえ、おでこから鼻にかけての「Tゾーン」は皮脂の分泌が活発な部分ですから、毛穴が詰まりやすいと言えます。

皮脂の分泌が活発な理由としては、遺伝によるものもありますが、過剰な洗顔も原因の一つ。

りか
りか
鼻の毛穴の黒ずみをきれいにしたいからといって、洗顔のし過ぎはNGです!

洗顔で鼻の毛穴の黒ずみは落ちる?

一度の洗顔ですっきり、さっぱり!とは行きませんが、毛穴の黒ずみケアを積み重ねて、改善していくことは出来ます。

黒ずみ毛穴の原因を踏まえ、適したケアをしていくことが大切です。

過剰な洗顔はかえって皮脂の分泌を促し、余計に毛穴が詰まる原因となってしまうことがありますので、やりすぎには十分注意しましょう。

鼻の毛穴の黒ずみをきれいに落とす洗顔方法

あまり刺激の強い剥がすケアや、押し出すケアはおすすめしません。

少し時間はかかりますが、じっくり積み重ねていきましょう。

おススメの洗顔方法をご紹介します!

筆洗顔

毎日行うのはやりすぎになってしまいますが、週に2回程度のスペシャルケアで「筆洗顔」をおススメします!

使用するのは専用の筆。
100円ショップにも売っています。

これにいつもの洗顔料をよく泡立て、鼻に対して直角に筆を当てながら、細かく円を描くようにクルクルと洗顔します。

りか
りか
小鼻の脇など、筆で洗顔するととっても気持ちいいです♪

溜まってしまった汚れがかき出され、毛穴の黒ずみが薄くなっていきますよ。

オイルパック

スキンケア用のオイルを使用し、毛穴に溜まった皮脂汚れを“溶かし出す”ケアです。

クレンジングの後、洗顔の前に行うのがおススメです。

私は週に2回ほど、湯船につかりながらゆっくりオイルパックをしています。

りか
りか
こうすることで毛穴の余分な皮脂汚れが溶かし出され、毛穴がきれいになっていく気がします♪

この時に角栓を押し出すような乱暴なケアはNG

あくまでもやさしく、くるくるとオイルを馴染ませて溶かし出していくことがポイントです。

オイルパックすると、洗い流した後も顔に膜が張ったような、落とし残しが気になるかもしれません。

なので、オイルパック後の洗顔は少し熱めのお湯で洗顔することをおススメします。

こうすることでパックしたオイルの落ちが良くなるので、落とし残しを防ぐことが出来ます。

オイルパックにおすすめのオリーブオイルはこちら!

きれいな毛穴を保つコツ

きれいな毛穴を保つには、とにかく余分な汚れを溜めないこと。
その日の汚れはその日のうちに落とすこと!これに尽きます。

メイクを落とさず寝てしまうのはもってのほかです!!

汚れを正しく落とした後は、しっかり保湿をすることが大切です。

乾燥によって皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が詰まってしまうことが防げますし、肌がふっくらして毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。

りか
りか
また、メラニンによる黒ずみを防ぐためには、美白ケアも同時に行っていくと効果的ですね。

鼻の毛穴の黒ずみにおすすめな洗顔アイテム

ここからは鼻の毛穴の黒ずみを落とすのにおすすめの洗顔アイテムをご紹介していきますね。

小鼻洗顔ブラシ

これは100円ショップにも売っていますので、ぜひ見かけたら試してみて下さい!

洗顔ブラシとして大きめサイズのものもありますが、おススメは「小鼻専用」の小さめのブラシです。

毛穴の黒ずみが特に気になりやすい、小鼻の脇。

小さめのブラシなら小鼻の脇にも届きやすいので、気になる毛穴に集中してケアができますね。

より本格的なものをという方にはクレンジングブラシ「MIGAKI」がおすすめです。

オイルパック用のスキンケアオイル

ベビーオイルでもOKですが、おススメはスキンケア用のオイル。

アルガンオイルやホホバオイル、ローズヒップオイルなどお好みのものを選びましょう。

無印良品には比較的安い値段で良質のオイルが揃っていますので、数種類そろえておいて、気分で使い分けるのも良いですね♪

りか
りか
私は無印良品のローズヒップオイルや、ナチュラルオーケストラのホホバオイルを気分によって使い分けています。

洗顔料

商品名に「毛穴」とあるように、毛穴ケアにおススメの洗顔料です。

肌の表面には傷をつけずに、毛穴に詰まった角栓や皮脂などの汚れを落としてくれるのがウレシイですね。

りか
りか
普段は洗顔石鹸を愛用している私ですが、毛穴が特に気になる時には、こちらの重曹スクラブ洗顔を利用しています。

毛穴の黒ずみの原因を押さえて正しくケアしよう

まとめ
  • 毛穴が黒ずんでしまう原因は主に「毛穴に詰まった汚れが酸化」「メラニンが生成され、色素沈着が起こってしまう」から。
  • 毛穴に詰まった汚れは、筆洗顔やオイルパックなどで落とすケアをしよう。
  • メラニンを作らないように、美白ケアも並行しよう。
  • 正しい洗顔と保湿をすることで毛穴が目立たなくなり、皮脂の過剰分泌を防ぐ…などの効果に期待!

いかがでしたでしょうか。

毛穴が黒ずんでしまうメカニズムを踏まえ、正しくケアをしていきましょう!

りか
りか
早速、この記事母にも見せます(笑)
ABOUT ME
りか
りか
読む方がクスッと笑えたり、おっ♪と目をひくような記事を書けるように頑張ります! 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。