美容・健康

PMSに効くアロマおすすめ22選!効果的な使い方とは?

アロマ

食べ物や生活習慣を見直すことで改善できるPMS。

ところが、それらがストレスになっていては元も子もありませんよね?

加湿器とセットで利用している店も多い「アロマ」でPMSの症状を緩和させませんか?

アロマがPMSにとってどのような効果があるのか、またおすすめのアロマについてもご紹介していきます。

PMSに対するアロマの効果4つ

一般家庭だけでなくクリニックやサロンにも「リラックスを促す」ためとして加湿器と共に導入されているアロマ。

実際にPMSの治療法の一環としてアロマ療法の導入を始められた産婦人科やメンタルクリニックもあります。
対処療法の1つ)

実際にはどのような効果があるのかを見ていきましょう。

リラックス効果

誰でも良い香りを嗅ぐと気分が良くなりますよね?

美味しい香りならば食欲を増進させるように、リラックス効果を促す効果のある香りであれば緊張をほぐすことが出来ます。

植物療法士の森田敦子さんによると、香りを嗅ぐことで鼻腔から香りの精油由来成分が脳へと伝達。

そのため気持ちを和らげる作用としてリラックス効果があると言われています。

ホルモンバランスの調整

香りを嗅ぐことでPMSの原因と言われているホルモンバランスの崩れを調整する効果を持つアロマがあります。

辛い症状がなるべく起こらないように事前ケアとして取り入れることで症状そのものが起こるのを和らげます。

血行促進効果

香りを嗅ぐだけでなく直接肌に塗り広げることでも効果を発揮します。

アロママッサージとしても注目されるアロマ。

体をマッサージとしてほぐすだけでなく精油が持つ成分が吸収されて血行が促進されます。

痛みの緩和

アロママッサージを行うことで得られるのは血行促進効果だけではありません。

頭痛や腰痛、肩こりといった痛みを緩和させる効果も含まれているため普段から痛みに悩まされている人にとってはありがたい効果といえますね。

PMSにおすすめのアロマ18選

PMSにおすすめのアロマとは、リラックス効果だけでなく血行促進効果や痛みの緩和効果のあるものが嬉しいですよね?

アロマとして利用されているハーブの総数は205種類あると言われています。

手当たり次第に使うのではなくその効果をチェックして使いたいですね。

それぞれのアロマにはどのような効果があるのか、PMSにおすすめのアロマをタイプ別に見ていきましょう。

PMSに総合的に効果のあるアロマ

PMSの諸症状の緩和だけでなく予防まで出来るアロマ。

ローズ

ホルモンバランスの乱れを整えるだけでなく、リラックス効果をもたらすローズ。

アロマの中でも高価な部類に入りますが、香りや色が飛ぶことでその質も劣化すると言われているアロマにおいて保存方法によっては10年以上保管が出来るほど劣化しにくいアロマです。

クラリセージ

イライラや緊張感だけではなく、沈んだ気分を上げたい時にもおすすめの効果を含んでいます。

ニキビなどの肌トラブルの予防効果もあります。

女性ホルモンと同じ作用(スクラレオール由来)を持ち生理を早める効果もありますが、妊娠中には使用NGです。

サイプレス

クラリセージ同様、PMSの時期に精神的・身体的症状に効果があります。

自律神経調整作用を含み、情緒不安定な時にもおすすめです。

女性ホルモンと同じ作用(スクラレオール由来)を持ち生理を早める効果もありますので、妊娠中には使用NG。

ゼラニウム

ホルモンバランスを整える効果があるほか、血行を促進し全身のむくみの緩和を促します。

リラックス効果もあり、総合的にバランスの崩れている症状に効果があります。

PMSの身体的症状におすすめのアロマ

精神的だけではなく身体的にも辛い症状に効果のあるアロマ

レモングラス

鬱っぽい時や沈みがちな気分をあげてくれるアロマ。

血行促進効果もあるため、全身に起こるむくみの緩和をしてくれます。

グレープフルーツ

沈んだ気分を上げる効果もあるほか、リンパの流れの促進作用もあり、全身のむくみを解消してくれます。

ブラックペッパー

刺激のある香りが沈んだ気持ちや心をバックアップしてくれます。

血管の拡張をすることで血行もよくなりむくみだけでなく頭痛や肩こり、全身の冷えにも効果があります。

ペパーミント

メントール成分が含まれていることから香りを嗅ぐだけですっきりとした気分になります。

また、脳に刺激をもたらし頭痛の緩和にも効果を発揮します。

パチュリー

心に余裕を持たせることで心の安定を図る効果があります。

また、利尿作用があることからむくみの解消にも有効です。

フランキンセンス

香りを拡散させて使う場合にはストレスの解消やリラックス効果があります。

直接肌に塗ればニキビの治癒にも。

フェンネル

感情を溜め込みやすい人におすすめの香り。

消化器系に不調を抱えている場合に効果があります。

ジャスミン

感情のバランスをとる作用があります。

子宮のハーブとも呼ばれるほど女性ならではの諸症状に対して効果を発揮します。

PMSの精神的症状におすすめのアロマ

PMS特有のイライラや鬱っぽくなるなど精神的症状に効果のあるアロマ。

ラベンダー

リラックス効果があるため、イライラや緊張感を緩和する効果があります。

情緒不安定な時にも効果を発揮してくれます。

イランイラン

イライラ、沈んだ気分の時におすすめの効果があります。

アロマの中でも有名で、取り入れやすいのも特長。

ベルガモット

情緒不安定な時や鬱っぽく気分の下がっている時に使うと効果があます。

カモミール

リラックス効果があり、イライラや緊張を緩和する効果があります。

ユズ

イライラや緊張を緩和する効果があります。

PMSの身体的症状におすすめのアロマ

血行の滞りが原因となるむくみなどの身体的症状に効果のあるアロマ。

「ジュニパー」はむくみ、特に下半身に集中している場合に効果があります。

PMS対策のブレンドアロマ4選

ここからは生理前に使うことを前提としてブレンドされているPMS対策アロマをご紹介していきます。

Woman blend

ローズゼラニウム、マンダリン、マージョラムをブレンドし、気分が下降気味の時にサッと使えるのが嬉しいスプレータイプがおすすめ。

アロマオイル 生活の木 ロージームード

香りが強く1滴でも部屋に香りが広がるというレビューもあるこちらのアロマオイルは、ブレンドされているアロマが少ないため、好みによってアロマオイルをプラスして独自にブレンドしたものを楽しまれている人も。

ニールズヤード ウーマンズバランス

英国生まれのアロマブランドから販売されているこちらのアロマには豊富な種類のアロマがブレンドされています。

月のおまもりシャンプー

生理前専用のシャンプーとしてPMSの特に精神的症状に対応するべく開発されたシャンプーです。

PMSに効果的なアロマの使い方

気軽に、そして手軽にアロマを使いたいというのがPMSの辛い症状を経験している人ならではの悩みですよね?

精神的にも肉体的にも辛い時期だからこそ煩わしいことはしたくないというのも本音です。

それならば、手軽に出来てPMSに効果的なアロマの使い方をご紹介しましょう!

アロマスプレー

アロマボトルのままであれば垂らして使うしかできませんが、スプレーにすることで手軽にシュッと香りを楽しめます。

アロマランプ

受け皿にアロマオイルを数滴垂らしてランプを点けることで、ランプの熱でオイルが蒸発し、部屋中に香りが漂います。

アロマストーン

アロマオイルを2、3滴垂らして身近な場所に置いておけるもので、染み込ませて使うタイプだからこそこぼれる心配がありません。

リードディフューザー

アロマオイルの中に木製のスティックを浸けることでスティックが吸い上げたアロマオイルを部屋中に漂わせます。

アロママッサージ

マッサージオイルとして販売されていない場合には、自分で作ることも可能です。

マッサージ用のキャリアオイルを用意し、50mlのキャリアオイルに対してエッセンシャルオイル(精油)を10滴加えて混ぜます。

このマッサージオイルを使ってマッサージをします。

一般的には肌にやさしく伸びのよいホホバオイルが使われますが、好みによって選んでみるのも良いですね。

※お試しにはこちら

※しっかり使いたいならこちら

アロマ付き加湿器

加湿器の中にはアロマを入れて使えるタイプもあり、中には空気清浄機能の付いたものも販売されています。

ティッシュ

アロマストーンやアロマディフューザーなど、他の器具を買うまでに一度試してみたい方や、手軽に身近にアロマの香りを漂わせたい方に一番おすすめ!

少量のティッシュにアロマオイルを1滴垂らして置く、ただそれだけです♪

使われるティッシュはネピアでも、クリネックスでも何でもOK!

アロマオイルを実際に使ってみた感想

今月はニキビに頭痛に悩む私も、アロマを使える加湿器を持っていますので、実際に使ってみました!

PMSの症状対策としていくつかアロマオイルを購入して、実際にPMSが暴れそうな日に試してみました。

今回は「自分が辛いときにあまり手間の要ることをしたくない!」という私自身の気分により、2通りの方法でアロマを試してみました。

アロマ機能付き加湿器

加湿器の水にアロマオイルを垂らすタイプの加湿器を使用しました。

大体2晩でタンクが空になる程度のものですが、使い始めた日からアロマオイルを足すことなく、そのままの状態で2日目の夜も使いました。

初めて使った時は夫が準備してくれたのですが、アロマオイルを垂らした量が多かったのか、次の日でもあまり香りの強さに変化は感じられず、加湿器を止めた後の部屋にも十分香りが残っていました。

水がなくなり、入れ替えるべく夫が準備してくれましたが、量を加減してくれたのか少し香りが弱く感じられ、次の日の香りも前回よりは弱い印象を受けました。

いずれの日も、PMSの期間は眠れない、寝つきが悪い、夜中に必ず何度も起きる私がしっかりと一晩眠ることが出来たのもアロマのお陰だと思います。

冬は乾燥が気になるため、加湿器にアロマ機能が付いているものであればとても重宝するアイテムではないでしょうか。

ティッシュ(ハローコンパクトボックス)

今週の我が家のティッシュはネピアでもなく、クリネックスでもない、ハローコンパクトティッシュ。

ivy
ivy
メーカーはどんなものでも良いのですが(笑)

ティッシュを1枚サッと取り出して、アロマオイルを1滴垂らします。

ivy
ivy
失敗して2滴垂らしても全然心配ありませんが、ティッシュが相手なので少し勿体ないと感じてしまいます(笑)

ティッシュの場合には、ご家族がいらっしゃる場合には柑橘類など、生活空間にあってもおかしくない香りであれば男性にも不思議に思われずに使えますよ!

香りがなくなったり、香りを堪能する時間が終わったりすれば、くしゃっとしてポイ。

手軽とはこのことだと身に沁みましたね。

私がおすすめしたいアロマオイル

実際に使ってみて、香りの好みもありますが、やはり一番つらいときに使って効果があると実感できるのが嬉しいですよね。

いくつか購入したアロマオイルの中から、私がおすすめしたいアロマオイルはこちら!

Winter blend(ease-aroma-shop)

初回のみ購入できる期間限定のブレンドオイルです。

マンダリンの柑橘類特有のさわやかな香りとラベンダーが優しく香り、リラックス効果がとても高く、私だけでなく子供達も寝つきが良かったです。

トップノートがラベンダーなので、アロマ初心者の方でも使いやすい印象を受けました。

ブレンドされているため、強い香りのあるアロマでも他のアロマを混ざることで比較的柔らかく丸みを帯びた香りに変化するのかな?というイメージです。

グレープフルーツピンク


まさにグレープフルーツ!

ハーブが苦手な方は、グレープフルーツなどの柑橘類を入門として使い始めることをおすすめします。

グレープフルーツを剥いた時の、あのほとばしるフレッシュな香りをイメージしてもらえると早いのですが、こちらは気分がスッキリとする香りです。

就寝時だけではなく、アロマストーンに垂らして身近に置いておくのも良いくらい、うるさくない香りです。

真正ラベンダー


ハーブの中でも一番有名で、ハーブに詳しくない人でも「ラベンダー」と聞くと、「あぁ、あの香りね」と理解しやすい香りです。

あまり多くの量を使わずとも1滴1滴に強い香りがありますので、他のアロマよりも少なめに試してみることをおすすめします。

真正ラベンダーは就寝時に効果を発揮する、リラックス効果のあるアロマ。

ivy
ivy
普段、PMSの期間には不眠と寝つきの悪さに悩む私も久しぶりにぐっすりと眠れましたよ♪

ローズゼラニウム

PMSに悩む女性にとって、ローズの次に気になるアロマがローズゼラニウムではないでしょうか。

こちらについては主観だけではなく客観的な感想も聞きたかったため、義母にも感想を聞いたところ、「嫌な香りではないけれど、どこかで嗅いだことのある香り」とのこと。

リラックス効果があり、こちらのアロマも寝つきが良い印象です。

ivy
ivy
夏に虫刺されが気になる方は、蚊対策としてローズゼラニウムを使うこともできますよ。

レモングラス


レモンに非常に近い香り。

私自身レモングラスには縁があり、元々の葉の姿を知っていることもありますが、ハーブとはあまり思わない香りのため、ハーブ初心者の方にも使いやすいアロマと言えます。

すっきりとした香りで、無駄な緊張やおつまでも解けない不安感がほぐれていくと感じました。

こちらもローズゼラニウムと同様に虫よけ効果があるため夏に重宝します。

お子さんがいらっしゃる場合には、この香りを子供用の虫よけリングから嗅いだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

親しみやすいアロマから始めてみよう

まとめ
  • PMSに対するアロマの効果は、リラックス効果だけでなく、ホルモンバランスの調整や血行促進効果、痛みの緩和が挙げられる。
  • PMSに効果的なアロマの使い方は、ディフューザーや加湿器といった器具を使った方法や、手軽にアロマストーンやティッシュを使う方法、またマッサージにも使えます。

実際に使ってみたいけれど・・と悩んでいらっしゃるのであれば、使いやすい方法で使いやすく親しみやすい香りのアロマオイルをまずは選んで効果をチェックしてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
ivy
ivy
興味がある・気になることにはとことん調べるタイプなので、私の知っている事や経験から、お悩みを解決に導くお手伝いが出来れば幸いです。 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。