育児

子供とお出かけする時に欠かせない持ち物 赤ちゃん・1歳~4歳まで20選

子供 お出かけ

お子さんを連れてのお出かけ。

楽しい反面、心配事も多々ありますよね。

迷子にケガ、ぐずぐず祭りに「ほしい!ほしい!」攻撃・・

今回は、そのうちのいくつかには確実に対応できる持ち物を年齢別に5つご紹介していきたいと思います♪

0歳にはコレ!外せない必需品5選

0歳

生まれてまだ1年も経っていない赤ちゃんのお世話は何かにつけ大変!

もちろん、ちょっとしたお出かけも一大イベントになっちゃうくらい(笑)

そんな一大イベントに忘れちゃいけない必需品を5つ厳選してご紹介しましょう♪

除菌の出来るウェットティッシュ

何と言ってもウェットティッシュは外せません!

特に、赤ちゃんにはアルコールが使えない分、アルコールが使われていない除菌効果のあるウェットティッシュを重宝します。

デリケートな赤ちゃんだからこそ、触れるものには出来る限りの清潔さを求めてしまう赤ちゃんには除菌の文字は不可欠と言っても過言はありません。

落としてしまったおもちゃや、興味を惹かれるままにわしづかみにしてしまった小さい手を水で洗うことが出来れば言うことないですが、必ずしも近くに水道があるとは限りませんよね・・

万能さで選ぶフェイスタオル

急な天候の変化。

大人ならばあまり気にならないような気温の変化でも敏感な赤ちゃんならすぐに風邪を引いてしまうことも。

また、ベビーカーに乗せていても日差しが急に強くなってきた時にベビーカーの幌から足だけが出てしまったり、雨が降ってきても傘がなかったりとトラブルに遭ってしまった時の対処法としてフェイスタオルをおススメします。

赤ちゃんの皮膚は大人の1/2の薄さ!

だからこそ万が一の時には一番に対処してあげたいですよね!

フェイスタオル一枚で防寒から日よけまで色々な対策ができちゃうんです♪

大好きなおもちゃ

出来れば音の鳴るおもちゃが好ましいです。

理由としては、車での移動や電車での移動であれば赤ちゃんがぐずりだしても途中で止まったり下りたりすることが出来ないことは十分に考えられますよね?

そんなときに動かせば音の鳴るおもちゃであれば、車の走る振動や電車が揺れることでおもちゃがなることに興味が移る可能性が高いんですよ。

基本的に、赤ちゃんは生後間もなくであればあまり視力が発達していないので聴覚や嗅覚で色々な物事を判断しています。

音が鳴る大好きなおもちゃがあれば、ぐずりだしても喜んで遊んでくれるかもしれないですよ♪

着替えとおむつは同じ量を

授乳期の赤ちゃんは、完全母乳の場合だと非常に便が柔らかいため、おむつから漏れる可能性大!

普段の生活ではしないような移動なら尚更、着替えの準備は万全にしておくに越したことはありません。

また、赤ちゃんは汗っかきなため、大人には軽く汗ばむくらいの気候でもぐっしょりと汗をかくこともあります。

いずれにしても、おむつを6枚準備するならば着替えも6セットくらい準備しておくと安心です♪

水分補給のお茶

脱水症状が一番怖いと言われている子供の時期。

特に、何が欲しいのか喋って伝えることが出来ない赤ちゃんには必要不可欠!

母乳をさっきあげたのに・・と泣き止まない赤ちゃんが、実は喉が渇いて泣いていることも。

母乳=水分補給ではなく、母乳=食事という認識で水分補給とは別のものだと思ってください。

お風呂上りに白湯やお茶をあげる習慣を付けてあげてくださいと言われるのは母乳のタイミングとは違う場合もあるからです。

1歳にはコレ!外せない必需品5選

1歳

この頃になると、よちよち歩きが始まり、行動範囲がぐんと増えます。

今まで手の届かなかった所にも届くようになるため、お出掛けをするときには目を離せません!

そんな1歳の時期に忘れちゃいけない必需品はこちら♪

ウェットティッシュはこの頃にも!

自分の行動範囲が広がることで好奇心が爆発し、何でもわしづかみにしてしまうため、柔らかいものは何であれ必然的にぐちゃっとなってしまいますよね?

また、動くものにも興味が湧くため、犬や猫といったペットにも手を伸ばしていきます。

大人であれば近くに手洗い場がなければそれに触らないようにするところですが、1歳のお子さんにはそんなことはお構いなしです。

だから、どんなに近くにお出掛けをするとしてもウェットティッシュは欠かせません!

ハンドタオル1枚は忘れずに!

手を洗った後だけでなく、車での移動の場合にチャイルドシートに座っていても寝にくかったり、ベビーカーに乗っていて寝てしまった時の肌掛けにと使い方は様々。

大きすぎず、お子さんが使わなければママが使うこともあるため、不要に感じることはありません。

使い捨てのデザート用スプーン

離乳食が始まると、お出掛け先でも「自分で食べたい」と主張されることも。

そんなときに1つしかスプーンを持ってきていない場合、万が一落としてしまったらどうしますか?

お出掛け先のお店に置いてあるのは3歳くらいからを想定した大きさのスプーンの場合がほとんどではないでしょうか?

でも、それだと大きすぎてかえってこぼす原因にもなりかねません。

使い捨てのデザート用スプーンであれば100円均一ショップにもいくつか入っているものが販売されていますし、なによりスプーンの大きさが1歳くらいのお子さんにはちょうど良いんです♪

着替えの量は少し減らせるように

離乳食が始まると、おむつが漏れる可能性も低くなるためその分持ち歩く着替えの量も減らすことが出来ます。

また、1歳を過ぎるとロンパースから上下の分かれた服に移行するお子さんも多いですよね?

そのため、上下どちらかが汚れれば汚れた方を着替えさせれば良いので、セットとして着替えを持ち歩く必要がありますが、着替えるときの手間は少なくなります。

水分補給のお茶

離乳食が始まるとともに、哺乳瓶を卒業してストローやスパウトの付いたマグを使い始めるお子さんは多いはず。

でも、まだまだ缶やペットボトルから直接飲むことは難しいため、お茶の入ったマグを持ち歩く必要があります。

我が家での失敗談として、今現在1歳の息子が1歳になるころ、一緒に公園に行ったときにマグを忘れてしまったためペットボトルのお茶を買って飲ませましたが、やはり難しく、ブクブクと言いながら大半をこぼしていたことがありますよ(笑)

それからは必ず持ち歩くようにしていました。

2歳にはコレ!外せない必需品5選

2歳

2歳になると、喋ることも食べることも活発になるため、おもちゃだけでは対処出来ないグズグズが発生することも。

納得がいくようにしてあげるために忘れちゃいけないものをピックアップしていきます♪

グズグズ対策におやつとお茶

食欲が増進してくる2歳の頃には、ご飯とご飯の間にお腹が空いて我慢が出来なくなることも多々あります!

梅雨の時期や夏場といった食べ物が腐敗しやすくなる時期を除けば手作りのパンケーキやクッキーを持って行って食べさせてあげるというのもママとしては楽しみになるはず♪

ただ、ポソポソとしたものを食べさせる場合には喉に引っかかってしまう事もあるため、お茶を飲ませながらあげる工夫もした方が良いでしょう。

また、食べたあとにも虫歯予防のためにお茶を飲ませてあげることをおすすめします。

ウェットティッシュとゴミ袋はセットで

お出掛けの必需品と言えばやはりウェットティッシュ!

ですが、2歳というと何でも自分でしたい盛り・・そんな時には必然的にゴミも増えることに・・

だから、ウェットティッシュとゴミ袋はセットで持ち歩くようにしてください。

長時間の移動時にはおもちゃを

じっとしていることが難しいのもこの時期!

近場へのお出掛けならばあまり必要ありませんが、長時間にわたるお出掛けならば退屈して暴れだすのを防ぐためにおもちゃを持っていくことをおすすめします。

そのおもちゃ選びにも工夫をお忘れなく!

『必ず10分は遊べる』おもちゃを選んでください。

これは、ただ単に好きなおもちゃだから喜んでくれるというだけでなく、遊ぶことで気を紛らわせておける時間の分の移動時間を稼ぐことをも目的としています。

着替えにパンツも忘れずに!

2歳後半というとトイレトレーニングが終わったお子さんも多いのではないでしょうか?

自分でトイレに行く練習としてお出掛け先でもトイレに行かせる場合、完全にトイレが使えるという思い込みを捨ててパンツを持ち歩くことをおすすめします!

女の子であればきちんと拭けていなかったり、男の子であれば早くパンツを上げすぎることや下げ遅れたりすることも。

また、間に合わなかったらちょっと出てしまう事も容易に考えられます。

「絶対に要らないわ」という言葉は、まだまだおむつが手放せない時期のみにしましょう。

絵本も時には重要な役目が

車での移動だけならば周囲の目も気にしなくて大丈夫ですが、電車やバスでの移動なら音の出るおもちゃで遊ばせるのは気が引けるもの。

そんな場合は絵本の世界にお子さんを連れて行ってあげてください♪

絵本をゆっくり読んであげることで、移動の時間もあっという間に過ぎるほか、心地よい揺れに乗じてすやすやと寝てくれる可能性もありますよ♪

3歳にはコレ!外せない必需品5選

3歳

自分の荷物を自分で持ちたがったり、買ってもらったものも自分で持たないと気が済まない3歳の時期にはお子さん用のリュックを重宝します!

お子さん用のリュックに軽い着替えを入れることでママの持ち物がぐっと減るほか、荷物を持つという使命感もお子さんに芽生えて頼もしい一面が見られるかもしれませんよ♪

お子さん用のリュックに!お着替えセット

少しかさ張るけれど、重量的にはさほど重たくならないお着替えセットはお子さん用のリュックに♪

半日のお出掛けにはお着替えセットが1セット。

食べることにもちょっと慣れてきた3歳ならば、ランチも食べる機会がある1日のお出掛けにはお着替えセットが2セットあれば良いかと思います。

ハンカチ・ティッシュもお子さん用のリュックに

保育園の遠足に付き物のハンカチとティッシュ。

かさ張らず、重りにもならないため、自分が使う分は自分で持ち歩いてもらいましょ♪

この時に注意するのは、ウェットティッシュはママが持つようにしてあげてほしいという事。

理由としては、ウェットティッシュにはシールで封がされていることがほとんどですよね?

でも、きちんと封がされていなければウェットティッシュから水分が抜けてしまう他、不衛生な状態に保たれることにもなります。

また、最悪なパターンだと開けたてのウェットティッシュならば水分の含有量が多いため、その水が外にこぼれて着替えの服やリュックを濡らしてしまう原因にもなります。

おやつは必要量を小分けに

3歳児もおやつはまだまだ必要!

でも、食欲がさらに増しているので「これだけよ」というのが聞いてくれないことも・・

そんなときに助かるのがジップロック付きの小分けの袋!

もちろん100円均一ショップで販売されてあるもので十分です。

それに1回分のおやつを入れておいてあげてください。

少し大きくなったお子さんには『特別』が魅力的!

ビスコやおせんべいといったおやつでも小さい袋に入れておけば3歳ならジップロックの口を開けることが出来ますし、元からあったお菓子の袋を無理やり開けて飛び散ることもありません。

お茶はコップ付きの水筒で

3歳になればコップで飲むことが出来るお子さんがほとんど。

自動販売機を見つけてジュースを欲しがることよりも、「自分の」水筒を持ってのお出掛けに魅力を感じる年齢のお子さんだからこそ、コップ付きの水筒を準備してあげてください。

飲み口が直接口に触れないコップを使うことで、飲む量が増えた3歳のお子さんにも対応出来るように沢山入れたお茶も衛生的に持ち歩くことが出来ます。

絵本も必須!

3歳になると、おもちゃよりも絵本の世界に魅力を感じ始めるお子さんも。

特に、電車やバスの中では「しーっ!」と言うよりも余程効果的ですよ♪

じっとしていても引き込まれる絵本を準備して、心に余裕のあるお出掛けにしたいですよね♪

あの『はあらぺこあおむし』もコンパクト版なら持ち歩きに便利です。

4歳にはコレ!外せない必需品5選

4歳

お出掛けにおいて心配を卒業するまであと一歩!

ほとんどのことが自分で出来るようになってもまだ甘えん坊には変わりません♪

ママがしっかりと準備してあげることで『忘れないことの大切さ』をきちんと知ることが出来ますよ。

お子さん用リュックに着替えを少し

もうあまり汚すことがない4歳児さん。

でも、油断は禁物!

保育園や幼稚園でも5歳児にもお着替えの準備が必要と言われますよ。

お子さん用のリュックに1セットの着替えを入れておくことをおすすめします。

少し大きめのハンカチとティッシュをお子さん用リュックに

4歳にもなると、お出掛けにはおしゃれをしてお出掛けをするようになるお子さんも。

そうなると、ランチを含むお出掛けであれば洋服にも気を使いますよね?

そんな場合には少し大きめのハンカチを広げてひざ掛けにして、食べ物がこぼれない工夫をしてあげましょう。

このひざ掛けがあるだけで半分くらいは安心してランチを始めることが出来ますよ♪

保冷・保温機能のある水筒を

飲む量もずいぶん増えてくる4歳児。

出来ればお子さんが飲む量に合わせた水筒を持たせてあげたいもの。

でも、昨年に使っていた水筒がある場合は無理に購入しなくても大丈夫!

保冷・保温機能がある水筒であれば、コップを利用することで直接口を付けて飲む必要がないため、衛生面でも安全が確保できますよ♪

おやつは散らからないものを

お出掛けと言えばおやつを連想するのがちびっこ。

袋を開けるのもずいぶん上手になってきたとはいえ、物によってはガバッと開いてしまう事も・・

細かいものではなく大きくて散らばりにくいおやつを選んであげることが大切です♪

自分で羽織れる薄手の上着をお子さん用のリュックに

薄手の上着をお子さん用のリュックに入れておいてあげましょう。

夏であればUV対策に、梅雨の時期には急な雨対策として。

一緒に出掛ける以外にも友達の家に遊びに行くことが始まる時期だからこそ、自分で対処できるように色々な準備をしておいてあげる必要があります。

子供の年齢に合わせた持ち物を準備しましょう

まとめ
  • 0歳児にはノンアルコールタイプの除菌が出来るウェットティッシュやフェイスタオル、退屈しのぎのおもちゃは音のするものを!同量の着替えとおむつは漏れ対策に・・お茶もお忘れなく!
  • 1歳児にはウェットティッシュはもちろんのこと、ハンドタオルをチョイス!離乳食期に重宝する使い捨てのデザートスプーン持参で快適♪0歳期よりも着替えを減らすことが出来るのもポイント♪お茶も忘れずに!
  • 2歳児にはおやつとお茶を絶対忘れないでには!したがりさんにはウェットティッシュとゴミ袋のセットを!着替えセットにパンツを入れて、長時間の移動が必須ならばおもちゃも必須!絵本という裏技でおとなしくさせてください。
  • 3歳児には自分で着替えを持ち運び♪ハンカチ・ティッシュ・1回分のおやつも入れちゃってママ快適♪重たい絵本と水筒はママが持ってあげましょう。
  • 4歳児には着替えのほかに少し大きめのハンカチや薄手の上着も入るリュックを!水筒とおやつも自分で持って遊びに出掛けよう♪

いかがでしたか?

お子さんの成長は大人が思っているよりも早いため、「○○ちゃんと遊ぶ約束をしてるの♪」と言い出すのも時間の問題!

成長に合わせて自分で出来ることが増えるお子さんの年齢や出来ることに合わせて忘れずに準備をしてあげたいですね♪

ABOUT ME
ivy
ivy
興味がある・気になることにはとことん調べるタイプなので、私の知っている事や経験から、お悩みを解決に導くお手伝いが出来れば幸いです。 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。