美容・健康

【国際結婚をした私が語る】彼との馴れ初め・ネットでの出会いはあり?

国際結婚 馴れ初め
Sarah
Sarah
カナダ人男性と国際結婚をしたSarahです。

「国際結婚をしたいけれど、実際どうやって外国人と出会ったらいいのだろう…」

そう思っている方はたくさんいると思います。

今日は、私が旦那さんと出会ったきっかけや、付き合うことになった経緯等、詳しく書いてみます。

これから出会いを探す皆さんのきっかけになれば、嬉しいです!

私の旦那はこんな人です

まず、私の旦那さんについて、少し書いてみようと思います。

私の旦那さんはカナダ人です。

正直皆さんが思っているような、白人、金髪、長身イケメンとは程遠い外見だと思います。
レディーファーストなんて全くできないんですよ。

こんなことをいうと皆さんの国際結婚への夢を壊してしまうかもしれませんが、外国人といってもいろんな人がいるのです。

Sarah
Sarah
でもとっても優しいですよ。

私より年下なので、結構な甘えん坊です。

ビックリする程のシャイです。

2人の出会い

実は、私たちの出会いは出会い系のアプリでした。

外国人と出会うのは、やはりこういったアプリを使うのが一番きっかけが多くなると思います。

ネットでの出会いはちょっとな…と思っている方も多いと思いますが、ちゃんとした人かどうかは、やりとりをしてみて見極めていけばいいと思います。

まずは、たくさんの人と出会うことが大事ですね。

私は、旦那さんと出会う前に、たくさんの外国人と会うようにしました。

私の旦那さんが日本へ出張に来ていたときに、お互いアプリを使っていたことがきっかけで会うことになりました。

自宅からとても近くに出張に来ていたので、会いやすかったのも後押しになりましたね。

「日本語が分からないから、1人で出掛けられないんだ」と言っていて、とても優しくて誠実な人だったので、その日をきっかけに日本食を一緒に食べに行ったり、出かけるようになりました。

どっちから告白した?

そもそも、「告白する」という行為は日本独特の文化なんです。

「好きです、付き合ってください。」という言葉は言わない国がほとんどだと思います。

日本人の私たちからすると、告白がないとなると、どこから付き合っているのか、どこから恋人になっているのか、うやむやな感じがしてすっきりしないんですよね。

私たちもよくデートをしていたのですが(英語で、デーティング期間といいます。)付き合ってという言葉が、ずっとなかったんです。

でもお互い好きなことは分かっていたので、私はずっとモヤモヤしていました。

彼が、カナダに帰国しなければならない日も近づいていて、その前にやっぱりはっきりさせておかないとと思い、告白とは違うかもしれませんが、私から、

Sarah
Sarah
私と付き合いたいと思ってる?

と確認しました。

彼は出張で来ているだけなので、すぐに母国に帰国します。

遠距離になってしまうので、それが心配なようでした。

それは私も同じでしたが、お互いに好きな気持ちがあるので、超遠距離恋愛をしてみることになったのです。

どういう風に付き合っていた?

私自身、結婚は最初から視野に入れて付き合っていました。

出会ったときにもうすでの私は30近く、今から結婚もなしに遠距離恋愛を続けていくつもりなどありませんでした。

とはいえ、最初から結婚の話はもちろんできませんでしたが、私たちの場合、この遠距離恋愛を終わらせたいのであれば、結婚するという選択肢しかなかったんですよね。

一緒に暮らす=VISA取得が必須になってくるので、結婚しか選択肢がないのです。

なので、私たちは自然と結婚する雰囲気になっていきました。

結婚を決める前から相手家族交流が

日本だと、お互い親に会うときは結婚を決めたときだったりすると思うのですが、こちらでは付き合っているときから家族で関わっていくことが普通なんです。

私も付き合っ3ヵ月後にカナダに行った際、彼の実家にずっと泊まらせてもらい、家族はもちろん、親戚全員と会ったんです。

もう接し方が家族という感じだったので、付き合ってすぐとはいえ結婚がイメージできましたし、彼がいろんな人に紹介してくれたことで安心もできました。

2年半の遠距離恋愛

私たちの遠距離恋愛期間は、約2年半ありました。

その間は、基本的にLINEのやりとりと、週1のテレビ電話でした。

初めはもちろん不安もありましたが、彼を信用していたのですぐに不安もなくなり、順調に交際が続きました。

Sarah
Sarah
国際結婚は遠距離恋愛になる可能性もあります。

それが不安だと思う人もいるかもしれませんが、お互い信じることが出来れば距離は関係ないですよ。

結婚に至った経緯

付き合っていくうちに、彼が自然と結婚を意識していたのは伝わってきました。

プロポーズの前にVISAの話や、カナダに具体的に住む話も頻繁にしていたので、私たちの場合は本当に自然と結婚に結び付いた感じなんです。

外国人だから、ロマンチックなプロポーズがあるかと思いますね?

そんなものは全くなかったんですよ。

Sarah
Sarah
まぁこのあたりは、日本人でもしっかりする人とやらない人がいるように、外国人も多種多様ですね。

実際に国際結婚をして良かった?

国際結婚といっても、日本で暮らしていくのか、旦那さんの国へ引越すのかによって、この答えはかなり変わってくるかもしれません。

私の場合、日本を離れなくてはいけなかったので、それはそれは相当な覚悟でした。

友達にはもう滅多に会うことができないこと、家族にももう頻繁には会えません。

正直親の死に目すら、会うことができない可能性が高いのです。

Sarah
Sarah
国際結婚を決めたときは、いろいろとこういった現実とも向き合っていかないといけないことになります。

異国の地で暮らしていくことも簡単ではなく、日本が恋しいと思うことは頻繁にあります。

ただ、それでも国際結婚してよかったと思えるのは、やはり旦那さんのことが好きだからです。

遠距離恋愛をしているときに、1日でも早く一緒に暮らしたいと思っていました。

離れていることが本当に辛かったんです。

今こうやって毎日一緒にいることができている。

ようやくここに来れたとき、すっごく嬉しかったので、そのときの気持ちを今でも忘れないようにして、旦那さんと一緒にいられることの喜びをかみしめています。

あと、日本と違って、結婚後にしなければいけない家事がすごーく緩いのも、外国人の旦那さんと結婚してよかったーと思います。

洗い物は大きい食洗器で1日に1回やるだけ、洗濯は毎日やる習慣はないので週1回ほど、掃除も気になったときのみです。

何もやらなくても誰も文句言いませんし、男女平等なので、日本のように家事は女性がメインという考え方もありません。

Sarah
Sarah
女性は国際結婚するとあまりに家事をやることがなくて、ビックリしちゃうかもしれませんよ。

国際結婚をしたい女性へメッセージ

まとめ
  • ネットでの出会いを恐れずに!
  • 告白という文化は存在しない!迷ったら自分から聞こう。
  • 彼の母国で暮らす場合は、それなりの覚悟も必要!

普通の生活を送っているだけでは、外国人に出会うことはまずありません。

積極的にどんどん出会いを探していきましょう!

ネットを使って出会うことも、抵抗を感じる必要はありません。

ちなみに北米では、ネットで出会いを探すことが普及しており、コマーシャルをやっている程です。

真面目に出会いを探している人もたくさんいますよ。

もちろん、そうでない人もいると思うので、そこは会う前にしっかりやりとりをしてくだいね。

皆さんが素敵な外国人と出会えることを願っています!

ABOUT ME
Sarah
Sarah
カナダ在住です。日々、楽しいことを探しています。海外に関することはもちろんのこと、いろんな情報をみなさんと共有できればと思っています。 よろしくお願いします! 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。