美容・健康

洗顔のやり方を変えるだけでお肌は変わる!洗顔の正しいやり方

洗顔のやり方を考えず、ただ顔を洗っている方もいるのではないでしょうか?
正しい洗顔のやり方を行うだけで、お肌の調子を変えることができます!

毎日の洗顔を正しいやり方に変えて、美肌を目指しませんか?
洗顔の正しい方法や、やり方を身につけて美肌を手に入れましょう!

洗顔を行う意味とは?

洗顔を行う意味とは一体何か気になるポイントですね。
顔についた皮脂や汗を取り除くためにやっている方も多いでしょう。
そのほかにも、空気に含まれるほこりや、菌なども洗顔できれいにできることはご存じでしょうか?

さらに、しっかりと洗顔をしてお肌をきれいにしたあとに、お肌のケアを行うことで、しっかりと浸透してくれます。
化粧水や乳液、美容液や保湿ケアなどがしっかりとお肌に浸透するためにも、洗顔はとても重要です。

洗顔を行ったあと、つっぱる、赤くなる、乾燥する、ヒリヒリした感覚がある方は、洗顔のやり方が間違っている可能性があります。

正しい洗顔のやり方を行って、きれいな肌を手に入れましょう。

洗顔の正しい方法は?

お肌の調子が悪く、乾燥や毛穴の黒ずみが気になる方は、洗顔の正しい方法を身につけてみてはいかがでしょうか?
正しい洗顔の方法をご紹介していきます。

ぬるま湯で洗う

洗顔を行うときは、洗面台で冷たい水のまま顔を洗ったり、お風呂場で熱いお湯で洗ったりしている方もいるのではないでしょうか?

冷たい水は毛穴が締まっていいのではないかと思いますが、お肌が急に冷えてしまうとダメージを与えます。
熱いお湯では、お肌に残しておかなければいけない皮脂や角質を洗い流す恐れがあり、健康的な皮脂を取り戻そうとして、皮脂分泌が増えてしまう可能性も高まります。

そのため、お湯の温度は約30~34℃のぬるま湯で行うことが大切です。

泡立てて洗う

洗顔クリームをしっかりと泡立てることが大切です。
泡立てずに洗顔を行うと、手とお肌が触れてしまい、摩擦が起きてしまいます。

摩擦はシワやシミなどの原因になる可能性が高く、自分の手でシワやシミを作る原因を作っていると考えると恐怖を覚えますね。

洗顔はしっかりと泡立てて、手とお肌の間に泡のクッションを入れて、泡でお肌を洗うイメージでゆっくりと洗うようにしましょう。

力を入れない

絶対に力を入れないで洗顔を行うことが大切です。
力を入れてしまうと、摩擦が起きて毛穴が広がったり、乾燥が進んでしまったりする恐れがあります。

力を入れて洗ったことで、自分の手でお肌に負担をかけて肌荒れの原因を作ってしまうのは絶対に避けたいですよね。
どんなに急いでいるときでも、ゆっくりと力を入れずに洗うようにしましょう。

洗顔の目安は1分!短時間で洗う

お肌をきれいにするために、たっぷりと時間を掛けて、隅々まで何分も洗顔を行っていませんか?

時間をかければかけるほど、お肌に負担がかかってしまいます。
洗顔を洗い流して、お肌がキュッとなっている方は要注意です。

お肌に大切な皮脂も落としてしまい、キュッとなっている可能性があるので、時間がたつとどんどん皮脂が出てくることや、お肌に大切な水分が奪われて乾燥肌になってしまう場合もあります。

きれいにしたつもりが、お肌にトラブルを与えてしまうため、洗顔は1分を目安に洗うようにしましょう。
朝から洗顔を行うときは、約15~30秒以内を目安にして洗うことが大切です。

きちんと洗い流す

洗顔を行ったあとは、しっかりと洗い流すことが大切です。
洗顔料をお肌に残したままにしておくと、毛穴が詰まる原因になったり、肌荒れの原因になったりする恐れがあります。

さらに、洗顔のあとに行う化粧水や乳液などの保湿ケアも浸透しなくなってしまうため、お肌に悪いことだらけになってしまいます。

そのため、髪の毛の生え際やこめかみ、口元やフェイスラインなど、しっかりと洗い流すようにしましょう。

洗顔をのせる順番を意識しよう

洗顔料を泡立てたあと、両手で一気に顔にのせて洗っていませんか?
洗顔をのせる順番を意識することで、お肌をきれいにする近道になります。

洗顔は皮脂が多い場所からのせて洗うようにしましょう。
まず初めにTゾーンと言われる額や小鼻、次にあごなどのフェイスライン、頬にのせたあと、目元や口元にのせます。
順番を意識して行うようにしましょう。

洗顔は最低でも2回まで

顔を清潔に保ちたいからといって、1日に何度も洗顔を行っている方はいませんか?
洗顔は1日2回までを目安に行うことが大切です。

洗い過ぎて必要な皮脂まで落としてしまうと、皮脂がさらに分泌します。
オイリー肌が嫌で洗ったのに、さらにテカリを招くことになるのは悲しいですよね。
お肌に何度も摩擦を与えないためにも、1日2回までにしましょう。

洗顔の場所はお風呂場と洗面所のどちらがいいの?

洗顔を行う場所は、お風呂場と洗面所のどちらがいいのか気になる方もいるでしょう。
お風呂場と洗面所は、どちらもメリットがあります。

お風呂場で洗顔を行う場合、湯船に入ることで毛穴を開いてくれて汚れを落としやすくなるのがおすすめです。
毛穴の汚れや角栓が気になっている方は、一度湯船に入ってから洗顔を行うと取れやすくなるのがうれしいポイントですね。

洗面所で洗うと、泡が落ちないように、無意識にゆっくりと丁寧に洗うことができておすすめです。
お風呂場では、泡が落ちても気にせずに洗ってしまうため、つい洗い方が雑になってしまうこともあります。

ゆっくりと丁寧に洗うことができれば、お風呂場と洗面所のどちらでも大丈夫なので、自分が洗いやすい好きな方を選んで洗顔しましょう。

洗顔で美肌を目指す!毛穴もきれいにしよう!

洗顔で毛穴の汚れを取り除いて美肌を目指しましょう。
毛穴の汚れが気になる小鼻の洗い方や、洗う向きをご紹介していきます。

小鼻の洗い方は?

小鼻に詰まってしまった毛穴の汚れは、気になるポイントですよね。
小鼻が黒ずんでいてどうすればいいのか悩んだことがある方も多いでしょう。
黒ずみの原因は、角栓で、古い角質が毛穴に残って詰まることで黒くなってしまいます。

さらに、メイクが落としきれずにお肌に残ってしまい、空気と混ざって酸化して黒ずみになっている場合もあります。
そのため、しっかりとクレンジングでメイクを落としてから、洗顔を行うことが大切です。

小鼻のおすすめの洗い方

  1. お湯に浸して温めたコットンを小鼻にのせて、蒸気を利用して毛穴が開くようにします。
  2. 小鼻に泡をのせて毛穴の汚れを落とすイメージでくるくると泡を転がしましょう。
  3. 小鼻の黒ずみが気になる場合は、小鼻の専用洗顔ブラシを使って、「の」の字を書くようにくるくると汚れをかきだしていきます。

横向きに洗うのが正解!

洗顔を泡立ててくるくると洗うとき、下から上にくるくるとしている方もいるでしょう。
リフトアップ効果も期待できそうで、つい下から上にやってしまいますよね。

しかし、毛穴というのは、下向きになっているので、下から上にくるくるとしてしまうと、毛穴に汚れが詰まってしまう可能性が高まるのです。

だからといって、上から下にくるくるとしてしまうと、お肌がたるむ可能性があります。
毛穴の汚れやたるみの原因を防ぐためには、手は横向きに動かすことが大切です。
内から外へ汚れを出すイメージで手を動かすようにしましょう。

正しい洗顔のやり方とは?

正しい洗顔のやり方をご紹介していきます。

①顔を洗う前に必ず手をきれいに洗いましょう

手には外から持ち込んだ雑菌や汚れが付いています。
そのまま洗ってしまうと雑菌や汚れが顔についてしまい、きれいにするつもりが汚れてしまいますね。

そのため、しっかりと手を洗ってから洗顔を行うようにしましょう。

②洗顔をきちんと泡立てましょう

洗顔はきちんと泡立てることが大切です。
泡立てたあとに、手を逆にしても泡が落ちないくらいがしっかりとした泡にします。

③泡をお肌にのせましょう

たっぷりと泡立てたあとはお肌にのせていきます。
皮脂が多いTゾーンである小鼻の周り、額にのせ、泡でくるくると洗うイメージであらっていきましょう。

次にフェイスラインにのせてあご、頬にのせたあとは目元や口元を洗います。
髪の毛の生え際の部分は忘れがちなので、しっかりと洗うようにしましょう。
生え際も内から外へ洗うイメージで丁寧に隅々まで泡を行き届かせます。

④ぬるま湯できちんと洗い流しましょう

30~34℃のぬるま湯できちんと洗い流します。
注意点や、お風呂場でシャワーをそのままお肌にあてて洗い流さないことです。

シャワーは水の勢いが強いので、お肌がたるむ可能性があります。
そのため、両手でぬるま湯をすくって優しく洗い流すようにしましょう。

髪の毛の生え際の部分やこめかみの部分など、隅々までしっかりと泡が残らないように洗うことが大切です。

⑤きれいなタオルで優しく拭き取りましょう

顔に付いた水分をきれいなタオルで拭き取ります。
拭き取るときも、タオルを使って顔を上下に拭き取るのではなく、ポンポンと優しく押さえながら拭き取ることが大切です。

洗顔おすすめ商品3選

洗顔のおすすめ商品、3選をご紹介していきます。

マンダムビフェスタ 泡洗顔 コントロールケア

炭酸泡の洗顔タイプで、もっちりしっかりとした泡で毛穴の汚れやくすみを取り除いてくれます。

保湿成分も入っているので、洗顔しながら保湿してくれる高機能タイプの洗顔です。
ニキビができにくいアクネケアタイプで、健康的な美肌にしてくれるのがおすすめポイントです。

詳しくはこちら

カウブランド無添加うるおい洗顔

クリーミーな泡のタイプで、皮脂や汚れを落としてくれます。
さっぱりタイプのため、すべすべでべたつきがないのがうれしいポイントですね。

さらに、うるおいを残してくれるので、お肌がつっぱる心配もないのが魅力的です。
パームやナタネなどの油脂からできており、お肌の刺激が少ない植物性アミノ酸系洗浄成分でできている洗顔です。

詳しくはこちら

ファンケルディープクリア 洗顔パウダー

毛穴に詰まった汚れもしっかりと落としてくれるのがうれしいポイントです。

すっぴん肌もうるおいのある素肌に変えてくれる、洗顔パウダーが入っており、酵素や泥の力で毛穴に詰まった汚れや黒ずみ、角栓を取り除くことができます。

詳しくはこちら

まとめ

洗顔の正しいやり方やおすすめ商品をご紹介していきました。

毎日行う洗顔は、しっかりと正しい方法で行うことが大切です。
洗顔を正しく行うことで、毛穴の汚れや黒ずみを解消でき、きれいで健康的なお肌になるのがうれしいですね。

洗顔のやり方を正しく行って、美肌を手に入れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。