美容・健康

脱毛・除毛・抑毛・減毛の違いって?どれぐらい効果があるの?

脱毛・除毛・抑毛・減毛

「脱毛」と「除毛」と「抑毛」と「減毛」。

エステサロンや美容クリニックの広告によくありそうな言葉ですね。

どれも「毛」を少なくする言葉のようですが、どのような違いがあるのでしょうか?

今回はこれら4つの言葉の違いについて調べてみました。

脱毛とは?

脱毛とは「毛根から毛を取り除くこと」

医療レーザー脱毛やニードル脱毛は永久脱毛、エステサロンなどで行われる光脱毛などは不再生脱毛と呼ばれることが多いです。

毛根(毛乳頭)から毛を取り除くので毛が生えにくくなることは事実ですが、絶対に生えてこないわけではないそうです。

除毛とは?

除毛は「皮膚の表面にあらわれている毛を取り除くこと」です。

上手に使えばキレイに毛を取り除くことができますが、効果は一時的です。

ちなみに、体毛用の除毛クリームを顔に使うと、肌あれが起きたり最悪失明の危険もあるそうです。
気をつけましょう。

抑毛とは?

抑毛とは「毛の成長を抑えること」です。

即効性はありませんが、毛が細く柔らかくなってきます。

一方で、使用をやめると元通りになってしまいます。

毛の性質を変えるだけで、毛を減らす効果はありません。

減毛とは?

減毛とは「毛の量を減らすこと」「毛を薄くすること」です。

効果の弱い機器を用いた場合、毛乳頭が破壊されないので脱毛ではなく減毛という言葉を使うことが多いです。

脱毛・除毛・抑毛・減毛の違い

脱毛は、毛根から毛を取り除くことです。

永久ではありませんが、長い期間毛のない状態が続きます。

とにかく毛をなくしたい人にオススメです。

除毛は、皮膚の表面部分にある毛を取り除くことです。

即効性はありますが、すぐに毛が生えてきます。

一時的に毛を処理したい時にオススメです。

抑毛は、毛の成長を抑えることです。

抑毛ローションを使うと徐々に毛が細く柔らかくなってきますが、使用を中止するともとに戻ります。

ムダ毛の硬さや太さに悩んでいる人にオススメです。

減毛は、毛の量を減らしたり毛を薄くすることです。

毛を間引きする感じなので、毛量に悩んでいる人にオススメです。

それぞれの違いを理解して適した方法を選びましょう

まとめ
  • 脱毛は、毛を根こそぎなくすこと。しっかり施術を受ければ長期間効果が続く。でも再生することもある。
  • 除毛は、皮膚表面の毛を取り除くこと。効果は一時的。
  • 抑毛は、毛の成長を抑えること。ローションなどを使い続けないと効果を維持できない。
  • 減毛は、毛の量を減らすこと。多くの場合、効果は一時的。毛が再生することも多い。

最近は、男性でもヒゲやムダ毛の処理をする方が多いようですが、どの方法も皮膚にダメージを与える可能性があるのでご注意ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。