美容・健康

同棲に必要なものリスト29選!引っ越しで見落としがちな必需品を紹介

同棲
もか
もか
こんにちは。
今、人生で一番長い夏休みを貰っている休職中のもかです。

今年の6月に入籍をしました。

私は結婚する前に、今の主人と1年間同棲生活をしていました。

今回は『同棲に必要なものリスト』を作成してみました。

今後同棲する予定のある方、また同棲ってどんな感じ?と思っている方の参考になれば、幸いです。

同棲に必要なものの準備はいつから始めるべき?

同棲を始めるにあたって、部屋探しまでしたら『あとはもう住むだけだー!』って思うんですけど、実際一緒に住み始めると、「あれがないね。」「これが足りないね。」「1人だったらそんなに買わなかったのに。」という物が色々出てきます。

人が1人増えるだけで、買い物の量も増えるし、買い物に行く頻度も増えます。

もか
もか
当たり前のようで、実際住んでみないと現状ってわからないものです。

それじゃあ、2人で住むための準備はいつからするべきか?ということですが、部屋探しの時に、すでにちょっとイメージを作っておく必要があるんですね。

それは、どういうことかというと、部屋の間取りをみたときに、収納の数や実際の部屋の大きさをみて、今の家にあるものがどの位置にくるのか、今ある荷物がすっきり入るスペースがあるのか、を考えるのと同時に、彼の荷物がどのくらい増えるのかを把握しておかないといけません。

私の彼は実家暮らしでしたので、彼の洋服等は、実家のたんすや押し入れに入っているものを持ってくることになります。

なので、新しい収納スペースが必要になるんですね。

「私の荷物を持ってくると、これだけしかスペースないけど、ここだけで足りる?」とか、部屋探しの時に確認しながら、部屋を決めて、すぐ住めるように必要な家具があれば買っておく必要があります。

もか
もか
実際、私の彼は趣味で野球もしているので、普段着+野球の道具(ユニフォームや小物類)を入れる収納棚を探しに行って、引っ越しした後に購入できるようにしておきました。

あとは、後々エアコンやら扇風機等を買いましたが、まず生活に困らない必要最低限のものがあるかを、部屋が決まった時でもいいので、リストアップしておくと引っ越した後で、困るようなことはないのかなと思います。

同棲に必要なものリスト

それでは、実際私たちが同棲した時によく使用していたものや、購入したものをリストアップしてみたので、参考にしてみてください。

リビングに必要なもの

私も彼もそこまでテレビにこだわりが無かったので、録画機能が付いているテレビ(これも1人暮らしの時と同じ物)を新居に持って行きました。

私は元々持っていたものを同棲する新居にも使いましたが、遮光がしっかり出来るものを選んで購入しました。

最近ではLEDのものが主流のようです。

値段だけ見て安い物を購入すると、思ったより部屋が暗くなったりするので、部屋の大きさに合わせて購入するといいです。

ダイニングテーブルセット

キッチンの近くに置きました。

朝、バタバタして忙しい時、キッチンの近くにテーブルがあると、そこでご飯を食べてすぐ片付けができるので、元々ローテーブルしか持っていませんでしたが、同棲してから購入しました。

導線が短くなるし、2人分の片付けもすぐ終わるので、これは購入してよかったです。

ベロアの様な冬素材のものだと夏場は暑かったりするので、1年中使用出来るようなクリーム色のラグを購入しました。

あと、今は洗濯出来るものも多いので、洗濯出来るものを購入するとなお良いと思います。

それぞれの荷物がごちゃごちゃするのが嫌だったので、仕事に使うバックや、帽子等を入れるかごをそれぞれ準備して、帰ってきたらそこに入れるようにしました。

掃除機も一人暮らしの時と同じものを使っていましたが、コードレスのものを選ぶと掃除が便利です。

キッチンに必要な物

食器や箸は、同棲前も使っていましたが、料理を大皿に作って出したりするので、小皿があった方が良かったり、彼の友達が遊びに来たりすると、来客用の食器や箸、コップ等が必要だったりするので、ある程度準備しておくといいです。

あまりにも多い人数の来客があったときは、もう紙コップでいいとは思いますが。

これも持っていなかったのですが、一人暮らしの時はそんなに食器も使わなかったし、必要がなかったんですね。

でも同棲してから、使う食器がかなり増えました。

彼が沢山食べるのもあるし、気づけば使用したコップとかがシンクに置かれていて、(ちょっと苦情みたいかな?)食器類が足りなくなったんですね。

なので、食器乾燥機を購入したんですが、これがあるとすぐ乾くし、食器を拭く手間も省けるので、これも自分では良い買い物だったなと思っています。

2人で住むと買い出しに行って、購入する物が増えるので、同棲してしばらくしてからの話ですが、冷凍庫も大きな冷蔵庫に買い換えました。

最初はお金がなかったので、私が1人暮らしで使用していたものを使っていましたが、少し2人分には小さかったです。

私たちの場合は3合炊きのもので十分でしたが、将来的に一緒になる予定があるなら5合炊きでもいいかも知れません。

トーストも出来るものを使用していたので、オーブントースターは買わず、電子レンジ1つで十分でした。

1人暮らしの時はそこまで料理しなかったので、調味料も少なかったのですが、2人で生活すると自然と自炊も増えるので、調味料を置くスペースや入れておく容器等の準備が必要です。

お湯がすぐ沸くので、忙しい朝は本当に助かります。

寝室に必要なもの

2人で寝るなら最低セミダブルベッドぐらいの大きさが必要かなと思います。

シングルは余りにも狭すぎると思うので。

私達の寝室はすごく乾燥する部屋で(コンクリート造だったのでそれもあるかも)、けっこう使用していました。

3000円ぐらいの安いものだと加湿が不十分だったりするので、部屋の大きさに合った物を購入するといいと思います。

明るさが調整出来る物を使用しました。

リモコンが付いている物が便利です。

遮光が出来る物を購入して使用していましたが、寝室側は、近くに道路があって音が結構うるさかったので、お金に余裕があれば、遮音性がついているものもおすすめです。

お風呂・洗面所に必要なもの

彼が必ずお風呂あがりびちょびちょのままで出てくるので、沢山持っています。

これは同棲関係なく、同棲していない時も使用していましたが、歯ブラシだけでなく、男性の場合はひげ剃りもよく使うので、歯ブラシと一緒に立てられるものにしました。

私は100均一で購入しました。

これは当たり前ですが、1人暮らしの時に比べてすごく減りが早いです。

当時はお互い仕事していて、しょっちゅう洗濯出来なかったりもしたので、タオルは多いぐらい持っていた方がいいです。

私の彼は特にスポーツもするので、使わないタオルを実家からもらったりしました。

1人暮らしと同じ物を使用しました。

ただ、洗濯が二人分になったので、洗剤は月に2回は購入していました。

彼がすぐそこらへんにポイポイするので、洗濯物を入れる場所の確保は必須でした。

トイレに必要なもの

ピンクは嫌だと言われたので、二人が落ち着く色をチョイスするといいと思います。

これも意外と月に2回は買っていたかな。

私も彼もダブル派だったので、喧嘩はしませんでしたが、「どっち派?」と彼には聞かれました。

これはお互い親しき仲にも礼儀ありで、準備しました。

女性は特に最初は男性に気を遣ったりすると思うので、あると安心ですよ。

玄関に必要なもの

必ず汚れるので洗える物が良いと思います。

シューズラック

これは私の盲点だったのですが、新居の靴箱が意外と小さくて、1人暮らしのに靴箱に入っていた靴が収まらなくて、困りました。

これに、彼の靴もあるので、絶対シューズラックは買わないと行けない状況になりました。

それでも入りきらなかった靴は、断捨離で売りにいったり、捨てたりしました。

彼が実家から持ってきた靴が沢山あったのにもびっくりしましたが、彼の靴も何足かは一緒に断捨離してしまいました。
(彼はちょっと悲しそうな顔をしていましたが…。)

スマートなタイプ(4本立てられるやつ)を私は購入しました。
2人なら十分です。

その他必要なもの

洋服が増えるので、これは大抵購入が必要になるのかなと思います。

女性はともかく、男性も意外と洋服があったりするので、お互いの洋服や下着、小物類を確認して購入した方がいいです。

これは私の中では想定外でした。

普通に寝室にはコンセントがあるんですが、私も彼も、寝室で携帯を充電するのと、加湿器もベッドの近くに置いていたので、コンセントが足りなくなったんですね。

1人の時だとコンセントなんて、普通に足りていたので、何も考えていなかったのですが、携帯も2台になり、新たに電源タップを購入しました。

寝室以外でも、電源タップはけっこう使っているので、私みたいに新たに購入しないといけない人も出てくるんじゃないかなと思います。

必需品を購入する際のポイント

前述したように同棲を始めてから必要になってくるものがかなり多くあります。

そこで、少しでも安く、効率的に買うポイントをまとめておきますね。

100均を有効活用する

必需品を購入する際のポイントとしては、まずは100均ショップを有効活用すること。

今の100均ショップは本当に品揃えがすごいんですね。

細々した物も大量に買えば、かなりの出費になるので、100均で購入した時と比べてどうかを考えるといいと思います。

ポイントが貯まるお店を利用する

あとは、ポイントがすぐ貯まって、それを有効に使えるお店を探すこと。

ある程度の値段がするものを買うのに、何もポイントがつかないなんて、すごく勿体ないです。

もか
もか
私はナフコで家具を購入した時は、けっこうポイント貯まって、1円単位で使用していいとのことだったので、端数が出たときはポイントから引いて貰って、かなりお得感がありました。

また、ポイントが貯まると、そのポイントで他の欲しいものが買えたりもするので、大きな買い物をする時は、ポイントがつくお店をおすすめします。

各店舗の価格を比較する

あとは時間があれば、すぐ購入せずに色んなお店をはしごして、値段の比較をしたほうがいいです。

実際、食器乾燥機は家電量販店よりも、大型スーパーで買った方が安くて、びっくりしました。

1人暮らしの時は、そこまで気にしないで買い物していた気がしますが、私たちは生活費を折半していたので、その中でやりくり出来るように、日用品にしても、いかに安く買えるか、チラシをみてから買い物に行ったりして工夫していました。

もか
もか
今考えると、もう同棲をしていた頃から、『主婦になる練習』をしていたような感じです。

同棲の部屋を探すなら

2人の休みの時間を合わせて同棲する部屋を探しに不動産屋に行くのはとても大変。

ネットで不動産屋さんとチャットでやり取りが出来る「イエプラ」なら、自宅にいながら物件を選ぶことが出来るのでとても便利でした。

大手不動産サイトには載っていない物件も見せてくれるし、自分で探したい場合は業者専用のサイトの見せてくれるんです。

登録は無料なので、是非お試しください。

お互いが住みやすい空間作りを

まとめ
  • 2人で住むための準備は、部屋探しの時に2人で住むイメージをしっかり作っておくこと。
  • 生活に困らない必要最低限のものがあるかを事前にリストアップしておくことが大事。
  • 私たちが同棲の時に、必要なものとしてリストに挙げたものは、生活を効率よくするための家電や家具、多めにあっても良い日用品など。
  • 100均やポイントを使って賢くお買い物をしよう!

最後に、私達が同棲する際に意外と必要だったものをまとめておきますね。

  • テレビ
  • カーテン
  • 照明
  • ダイニングテーブルセット
  • ラグ
  • 荷物入れのかご
  • 掃除機
  • 食器・箸類
  • 食器乾燥機
  • 冷蔵庫
  • 炊飯器
  • 電子レンジ
  • 調味料置き
  • ケトル
  • セミダブルベッド・枕
  • 加湿器
  • 足ふきマット
  • 歯ブラシ立て
  • バスタオル・タオル
  • 洗濯機
  • 洗濯かご
  • トイレマット・ペーパーホルダー
  • トイレットペーパー
  • 消臭剤
  • 玄関マット
  • シューズラック
  • 傘立て
  • 収納棚・収納ラック
  • 電源タップ

何だか、沢山買ったりして大変だなーって思われてしまったかもしれませんが、今挙げたものはそのまま結婚しても変わらず使える物ばかりです。

むしろ、結婚が決まると、仕事をしながら色んな手続きや結婚式の準備をしたりしないといけないので、同棲の時に、色々下見をしっかりして家具や家電を選べる方がいいと思うし、生活の基盤が出来ていると、かなり楽だと思います。

同棲の時だからこそ、部屋のあれこれを考えて楽しめたりするので、2人で住みながら、色々意見を出し合って、お互いが住みやすい空間作りをしてもらえたらいいなと思います。

ABOUT ME
もか
もか
私の経験が誰かのお役に立てたら嬉しいです。 詳しいプロフィールはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。