美容・健康

クレンジングと洗顔の違いってなに?ダブル洗顔不要タイプを使おう!

クレンジングと洗顔を毎日欠かさず行っている方がほとんどでしょう。
しかし、クレンジングと洗顔の両方を使っているけど、違いってなんだろう?と気になった方も多いのではないでしょうか。

さらに、クレンジングと洗顔がひとつになった、ダブル洗顔不要タイプもあり、何が違うのか、気になってしまいますね。

クレンジングと洗顔の違いや、ダブル洗顔不要タイプについてご紹介していきます。

クレンジングと洗顔は必ず両方必要なの?違いってなに?

クレンジングと洗顔は全くの別物です。
そのため、お肌を清潔に保つためには、必ず両方に必要なのです。
クレンジングと洗顔は何が違うのか、なぜ両方に必要なのかご紹介していきます。

クレンジングと洗顔の違い

クレンジングと洗顔の違いは、お肌の汚れを落とす方法です。
メイク道具の中には、ファンデーションや口紅など、油分を含むものが多いですよね。
そんな油分をきれいに落としてくれるのがクレンジングです。

洗顔だけでは油分を取り除くことは難しく、クレンジングをしなかったときはお肌がすっきりしないと感じたことがある方も多いのではないでしょうか?

洗顔は、お肌の汚れや角質、角層など、クレンジングだけでは落とせなかったお肌の隅々まできれいにしてくれます。
クレンジングと洗顔の中に入っている成分が違うため、お肌の汚れの落とし方も変わっています。

クレンジングと洗顔は必ず必要?どっちが大切?

クレンジングと洗顔は全く違うものと分かり、どちらの方が大切なのか気になる方も多いでしょう。
クレンジングと洗顔はお肌をきれいに保つために両方大切です。

メイクをしたのにめんどくさいからといって、どちらか片方だけを使うと、きれいにお肌の汚れを落とすことができず、汚れが蓄積されて毛穴に汚れが詰まり、ニキビや吹き出物になってしまいます。

そのため、クレンジングと洗顔の両方をしっかりと行い、お肌の汚れを毎日、きれいに落とすことが大切です。

クレンジングを使ってお肌の汚れを落としながら、自分のお肌にざらつきがないか肌トラブルが起きていないかチェックするようにしましょう。

クレンジングと洗顔を行うおすすめの場所や注意点は?

クレンジングと洗顔を行うおすすめの場所は、浴室です。
体を温めることで毛穴を開くことができ、毛穴の奥まできれいにできます。

湯船に入ることで、さらに毛穴を開いて汚れを奥から取り除けるため、湯船に入ることがおすすめです。

クレンジングと洗顔を行うときの注意点は、シャワーを直接お肌に浴びないようにします。

らくだからと言って、お肌に直接シャワーを浴びると、刺激が強くなってしまい、お肌によくないです。
そのため、両手を使って優しく洗い流すようにしましょう。

さらに、クレンジングや洗顔を長時間お肌につけておくのもよくないです。
約1分間をめやすにして洗いすぎず、洗わなさすぎないように注意しましょう。

クレンジングと洗顔どっちの順番が正解?正しい洗い方は?

クレンジングと洗顔は、どちらの順番が正しいのか、何気なくクレンジングから行っているけど、本当に正しいのか、心配になる方も多いでしょう。
正しい順番や正しい洗い方をご紹介していきます。

クレンジングと洗顔の順番

クレンジングのあとに洗顔を行うのが正しい方法です。
メイクをクレンジングでしっかりと落としたあとに、洗顔でほこりや花粉などの汚れがついたお肌をきれいにしましょう。

クレンジングと洗顔の正しい洗い方

クレンジングと洗顔の正しい洗い方をご紹介していきます。

クレンジングや洗顔は多めに使う

もったいないからと言って少量だけを使用している方は、注意が必要です。
少量しか使っていない場合、お肌にクレンジングが行き渡らず、摩擦が起きてしまい、肌トラブルを招きます。

クレンジングでお肌をきれいにしたつもりでも、ダメージが加わり毛穴が詰まってしまい黒ずみになってしまう危険性があります。
お肌のためにも少量ではなく、自分が思っているより多めにクレンジングを行うことが大切です。

クレンジングや洗顔はぬるま湯を心掛ける

熱いお湯を使わず、ぬるま湯を使用します。
約32℃前後が理想と言われており、温度が低いと思われた方もいるのではないでしょうか。
お肌のためにもぬるま湯を心掛けて、お肌のダメージを減らしましょう。

絶対にお肌をこすらない

絶対守ってほしいのは、洗いながらお肌をこすらないことです。
メイクが落ちないからと言って無理に落とそうと力が入りますよね。

力が入ると強く肌をこすってしまい、しわやたるみができるなど、お肌が最悪な状態になる可能性があります。

クレンジングは乳化が大切

オイルタイプのクレンジングを使用している方は、乳化が大切です。
乳化とは、お肌にクレンジングをつけて洗ったあと、すぐに洗い流すのではなく、手をぬらして少しお湯をつけ、もう一度お肌を洗います。

乳化させるとオイルが透明から白色になるので、白くなったのを合図に流しましょう。
そうするとべたつきを防いですっきりとした洗いあがりになり、お肌の汚れもきれいに取り除くことができます。

クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔不要タイプとは?

ダブル洗顔不要タイプとは、クレンジングと洗顔がひとつになり、両方使わず1回でお肌をきれいにできます。

クレンジングと洗顔の両方を行うのは、めんどくさいと思われている方も多いでしょう。
そんな方におすすめなのが、ダブル洗顔不要タイプです。

ひとつでクレンジングと洗顔の両方を終わることができるので、時短にもなり、経済的にもうれしいですね。
さらに、2回洗う必要がないため、お肌のダメージも減るのもおすすめポイントです。

なぜ、クレンジングと洗顔の両方をひとつにまとめることができたのかというと、界面活性剤という成分が入っているからです。
油分を水分に変化してくれるので、メイクを落としてお肌の汚れを取り除く効果があります。

ダブル洗顔不要タイプにデメリットはないのか心配になる方もいるでしょう。
デメリットはメイク落ちが気になる、さっぱり感が少ないと感じることです。

メイクが濃くない方やさっぱり感を重視しない方におすすめですね。

クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔不要のタイプや正しい選び方は?

クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔不要タイプには、オイルやクリームなどのタイプがあります。

乾燥肌の方がダブル洗顔不要タイプを使用すると、よけいにお肌を乾燥させてしまう可能性もあるため、自分に合うタイプを選ぶことが大切です。

濃いメイクが欠かせない方は、毛穴の汚れやいらない皮脂を取り除くことができておすすめです。
自分に合ったタイプは何か、確認しましょう。

ダブル洗顔不要のクレンジングのタイプで選ぶ

洗浄力が一番強いのはオイルタイプ、次にリキッドタイプ、ジェルタイプ、クリームタイプ、ミルクタイプです。
メイクを濃くした日や、ナチュラルメイクの日など、日によって使い分けることをおすすめします。

どのタイプが自分に合っているのか確認して、自分のお肌にあうダブル洗顔不要タイプを使用しましょう。

オイルタイプ

濃いメイクをした方におすすめです。
油分の量が多いので、洗浄力があり、濃いメイクもきれいに落としてくれるのがうれしいポイントでしょう。

メイクが落ちたか心配になり、何度も繰り返して顔を洗うと、お肌にダメージを与えてしまうので、1度ですっりときれいになるのがうれしいですね。

リキッドタイプ

サラッとしたタイプでさっぱりとした気分を味わえます。
オイルに比べて油分の量が少なく、洗浄力は減りますが、メイクをしっかりと落とせるのがうれしいポイントです。

ジェルタイプ

低刺激タイプで、お肌にやさしいのがうれしいポイントです。
洗浄力は減り、濃いメイクを落とすのは不向きですが、刺激が少なく、お肌をやさしくメイクを落とせるのがうれしいですね。
お肌が荒れてしまっている方や、乾燥肌、敏感肌の方におすすめです。

クリームタイプ

クリームのため、伸びやすく、お肌のダメージを減らせるのがうれしいポイントです。
油分が多く、しっとりとしたお肌にしてくれます。
乾燥肌の方にもおすすめです。

ミルクタイプ

ミルクのようにスッと伸びてくれるので、お肌のダメージを減らしてくれます。
べたつきが苦手な方におすすめです。
乾燥肌の方や肌トラブルを抱えている方も使いやすいです。

ダブル洗顔不要クレンジングの成分を見て選ぶ

成分で選ぶのもおすすめポイントです。
保湿成分や美容成分が入っているものなど、たくさんの種類があります。
保湿を重視したいのか、お肌の悩みを解決したいのかによって成分を見て選びましょう。

弱酸性や弱アルカリ性のタイプがあります。
弱酸性はお肌に刺激を与えないように作られているため、敏感肌などお肌が弱い方におすすめです。

弱アルカリ性は洗浄力が強いため、洗いあがりがさっぱりとなり、毛穴の汚れまで取り除くことができるのがおすすめです。

クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔不要のおすすめ商品3選

クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔不要タイプのおすすめ商品3つをご紹介していきます。

ダブル洗顔不要タイプおすすめ①資生堂エリクシール ルフレ バランシング バブル

詳しくはこちら

ひとつでメイクと毛穴の奥にある汚れまで取り除いてくれます。
ジェルタイプのため、乾燥肌の方も使いやすくておすすめです。

手に取ると、ジェルがもこもこと泡に変わっていくのがおもしろく、新感覚なクレンジングと洗顔を楽しめます。

ダブル洗顔不要タイプおすすめ②パラドゥ(Parado)のスキンケアクレンジング

詳しくはこちら

ヒアルロン酸の成分が入っており、保湿力が高いのがおすすめです。
洗ったあとは、しっとりとした感覚でツヤのあるお肌になり、乾燥肌の方も使いやすくうれしいですね。

ミルクタイプのため、伸びやすく洗いやすいのが魅力的です。
さらに、まつエクをしている方も使用できるタイプのため、うれしいですね。

ダブル洗顔不要タイプおすすめ③マナラ(MANARA)のホットクレンジングゲル

詳細はこちら

ホットクレンジングのため、温かく、新陳代謝が良くなる効果や美肌効果に期待できます。
保湿成分が入っているためしっとりとした感覚になるのがうれしいポイントです。

温かいジェルがメイクや汚れをしっかりと浮き上がらせて落として、きれいにしてくれるのがおすすめです

クレンジングと洗顔の違いってなに?ダブル洗顔不要タイプを使おう!まとめ

クレンジングと洗顔の違いやダブル洗顔不要タイプについてご紹介していきました。
クレンジングと洗顔がひとつになったダブル洗顔タイプは、使いやすく、お肌のトラブルも減らしてくれるのでおすすめです。

自分のお肌に合ったダブル洗顔タイプを使ってダメージを少なく、きれいなお肌を手に入れましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。