美容・健康

口コミで人気のクレンジングバーム6選と使い方

メイク落としに欠かせないクレンジング。さまざまな種類がありますが、「オイルタイプとクリームタイプの良いとこ取り」と言われているのがバームタイプのクレンジングです。クレンジングバームは一度使うとやみつきになる、との声が多い人気の高いアイテム。

今回は口コミで人気のクレンジングバーム6選と、クレンジングバームのメリットや正しい使い方を紹介します。

クレンジングバームとは?

実際、クレンジングバームにあまり馴染みのない人も多いと思います。ここではクレンジングバームのメリットや、配合されている成分について解説します。

クレンジングバームのメリット

クレンジングバームには他のクレンジングには無いさまざまな特徴があります。一番の特徴は、毛穴に詰まった汚れを絡め取ってすっきりと洗浄できるところ。固形のバームを肌の上に乗せると徐々に溶け始めるので、メイク汚れや毛穴汚れに馴染みやすいのが魅力です。

また、滑らかな質感のおかげで肌摩擦が起こりにくく、メイク落とし以外にもマッサージなどに使用することができますよ。さらに、オイル成分でしっかりとメイクオフしながら、肌を保湿・保護してくれる商品が多いのもポイント。乾燥肌の人や、クレンジング後の肌のつっぱり感が気になる人におすすめです。

クレンジングバームの主な成分

バームタイプのクレンジングを使ったことがない人は、どんな成分が配合されているのか気になるかと思います。クレンジングバームの主成分は、クレンジングオイルと同じくメイクオフ効果のある「オイル成分」。オイルにもさまざまな種類のものがありますが、特に洗浄力と滑らかさを兼ね備えた「エステル系オイル」が使用されている商品が多いようです。

そこに「ワックス」や「ポリエチレン」などをプラスして、固さが調整されています。商品によってバームの固さや滑らかさが異なるので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。マッサージにも使用したいと考えている人は、滑らかなテクスチャーで伸びの良いクレンジングバームがおすすめです。

マツエクにも使える?

クレンジングバームに含まれるオイル成分は、マツエクのグルー(接着剤)を溶かしてしまうことがあるので、多くの商品で使用不可とされています。間違って使用してしまうと、マツエクが取れてしまう可能性も。中には「マツエクにも使用可能」と表記のあるクレンジングバームも販売されていますが、特定のグルーにしか対応していない場合が多いので注意が必要です。

マツエクをしている人で「クレンジングバームを使用してみたい!」と思っている人は、目元のみ専用のリムーバーでメイクオフした後に、目元以外の顔全体にクレンジングバームを使用すると良いでしょう。

クレンジングバームの使い方

クレンジングバームはジャーに入っている商品が多いため、まずは付属のスパチュラを使用してバームを適量取り出します。指で直接バームを取ってしまうと、指の体温のせいでジャーの中身が溶けてしまうことがあるので厳禁です。顔に乗せる前に手のひらで軽くバームを溶かしておきましょう。

そして顔全体にクレンジングバームを広げたら、指先で優しくマッサージをするようにメイク汚れと馴染ませます。その後、ぬるま湯を少し手に取り白っぽく乳化するまでさらに馴染ませ、しっかりと洗い流して完了です。

クレンジングとしてではなくマッサージとして使用する場合は、指先が肌に直接触れないようそっとマッサージをしましょう。ゴシゴシと圧をかけて擦るのは絶対にNGです。また、朝の洗顔時には、毛穴が気になる小鼻の周りやTゾーンなどにピンポイントで使用するのもおすすめです。

口コミ人気の高いクレンジングバーム6選

さまざまなメーカーからクレンジングバームが販売されていて、どれを購入しようか迷ってしまいますよね。ここでは特に口コミ人気の高い商品を6つ紹介します。

D.U.O. ザ クレンジングバーム

「クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメント」の5つの役割を果たすD.U.O.の大人気クレンジングバーム。滑らかな質感と優しいローズの香りで、「癒される!」との口コミが多い人気商品です。独自技術の「毛穴クリアカプセル」で、メイク汚れはもちろん、毛穴に詰まった頑固な皮脂汚れもすっきりと洗浄してくれます。普段のマッサージにもおすすめなクレンジングバームです。

詳しくはこちら

菊正宗 米と発酵のクレンジングバーム

日本酒生まれのスキンケアアイテムが人気の菊正宗のクレンジングバームです。11種類の米由来成分に、保湿成分として6種の発酵酵母系成分が配合されていて、日本人女性の肌に馴染みやすいのが特徴。滑らかな質感と保湿力に定評があり、マッサージにも最適です。

詳しくはこちら

ビフェスタ クレンジングバーム ホットタイプ

「チューブタイプで使いやすい!」との口コミが多いビフェスタのクレンジングバームです。肌の上で溶けたバームがじんわりと温かくなるので、毛穴汚れを緩めてしっかりと除去する効果が期待できます。手軽に使用できる価格なので、バームタイプのクレンジングが初めての人にもおすすめです。

詳しくはこちら

スリー エミング クレンジングバーム

滑らかにとろける質感が人気を集めているスリーのクレンジングバームです。植物油・植物ワックス・植物ロウ配合で、植物由来にこだわって作られているのがポイント。水で素早く乳化するので、忙しい日のクレンジングにもぴったりです。

詳しくはこちら

ink.(インク)クレンジングバーム

無香料 ・無着色 ・パラベンフリー ・合成色素フリー ・シリコーンフリー ・アルコール不使用 ・旧指定成分不使用と、肌への優しさにとことんこだわったink.のクレンジングバームです。パッケージの見た目から「D.U.O.」のクレンジングバームと比較されることが多いが、こちらはコストパフォーマンスの高さが魅力。メイク落ちの良さと肌への優しさを同時に叶えたい人におすすめです。

詳しくはこちら

ルルルン クレンジングバーム

フェイスマスクで大人気のルルルンのクレンジングバームです。メイクオフ成分を植物ワックスで包んだ独自の「カードハウス製法」を採用しており、肌に直接メイクオフ成分が触れない構造が特徴。保湿成分もたっぷり配合されているので、クレンジング後の肌のつっぱり感が気になる乾燥肌の人にもおすすめです。

詳しくはこちら

口コミで人気のクレンジングバームを試してみよう!

肌の上で滑らかに溶けて、簡単にメイクオフができるクレンジングバーム。「試しに一度使用してみると、使い心地の良さにはまってしまった!」との口コミが多いアイテムです。

クレンジングバームに馴染みがない人も、実際に一度使用してみてはいかがでしょうか?クレンジングバームはさまざまなメーカーから販売されているので、ぜひ各商品の口コミを参考に、自分に合ったものを選んでみてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。